Menu
  1. サイトトップ
  2. 読む
  3. ROSSCO's Eye 〜人生を俯瞰できる視点〜

  4. Vol.10

文字サイズ

Vol.09へ Vol.11へ
『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』

躾がエスカレートしていませんか?

ROSSCO’s Eye 〜人生を俯瞰する視点〜
Vol.10『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』【第1回】


Introduction

ようやく夏休みも終わり、お母さんたちは「やれやれ…」と一息ついている頃でしょう。

子供には楽しい夏休みでも、母親にとっては昼食の準備など、いつもより家事の負担が増えたり、子供と顔をつき合わせている時間が多くなる分、叱る機会も増えたりと、少し憂鬱な気分になることもあったかもしれません。 夏の暑さも手伝って、ヒステリックに子供を叱ってしまったというお母さんも少なくないのではないでしょうか。

子供を愛しているのに、思ったようにその愛を表現できない…そんな悩みを持つお母さんのために、今回から3回シリーズで “子育てに隠された関係性の秘密” をお伝えします。


『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』


しつけにジレンマを感じる人は多い

親にしてみれば “この子のために……” と思ってやっているのに子供が言うことをきかない。 だから余計に腹が立ち、「なんでわからないの!」 「何回言ったらわかるの!」 「ダメって言ったでしょ!」といった言葉を連発してしまう。

最初は子供の行為を正そうと注意していたはずが、だんだん怒りがエスカレートして、ついには言ってはいけないことを言ってしまったり、子供を執拗に責め続けたり、手を上げてしまったり、泣きついてくる子を意固地なくらいに拒絶したり……。 子供は泣きじゃくり、後味の悪い思いだけが残る。 こんな経験はどなたにでもあるのではないでしょうか。

特に、幼児期の子供のしつけにジレンマを感じているお母さんは多く、「本当はのびのび育てたいけれど、ついうるさく言ってしまう」「頭から怒らないようにと思っていても、抑えていた分、逆に感情的になり叱り過ぎてしまう」「1歩進んだと思ったら、一瞬で2歩も3歩も戻ってしまう」など、どう子供に接するのがいいのか分からなくなってしまったという声をよく聞きます。

親から受け継いだしつけ

この記事の続きが見たい場合は、WEB会員の認証が必要です。
ログイン認証・新規登録はこちら
Vol.09へ Vol.11へ
同じジャンルの記事
連載記事 Vol.11子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム【第2回】

Vol.11 『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』【第2回】

連載記事 Vol.44 『親は自分のコンプレックスを子供で埋めようとしている』【前半】

Vol.44 『親は自分のコンプレックスを子供で埋めようとしている』【前半】

この記事をお読みの方におすすめのDVD・書籍
DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS

DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS ミロスプログラムの発見者、ロスコが解説。新次元思考テクノロジーの世界、高次元対称性(超バランス)、 MIROSS SYSTEM vs 反転のトリック等、ミロスの実践方法が語られています。
販売価格 12,000(税込)
商品の詳細へ

「ママとパパをえらんできたよ」

書籍 「ママとパパをえらんできたよ」
ー親と子の関係性に隠されたトリックー
私たちが、あの“父”あの“母”を選んで生まれて来た理由とは……?今までの常識を根底から変えてしまう “感動の絵本”!
販売価格 1,728(税込)
商品の詳細へ

本ページの記事は、メルマガ連載のバックナンバーです。
メルマガに登録して、最新の記事をお楽しみください。 メルマガ購読・Web会員登録へ

ロスコズアイ
ページのトップへ