Menu
  1. サイトトップ
  2. 読む
  3. ROSSCO's Eye 〜人生を俯瞰できる視点〜

  4. Vol.12

文字サイズ

Vol.11へ Vol.13へ
『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』

子供を通して何に気づくべきなのか?

ROSSCO’s Eye 〜人生を俯瞰する視点〜
Vol.12『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』【シリーズ最終回】


Introduction

前回は、しつけによって作られた “思考の傷” が親子の関係性の中でどのようにして受け継がれるのか、2つのパターンをご紹介しました。

ひとつは、思考の傷を子供に感じるために、子育てに不安を抱く親のパターンです。子供時代に親に一切言い分を聞いてもらえなかったために、自分が親になってから「子供の気持ちを尊重しなければならない」 というプラス思考を押し出します。 しかし、「聞いてもらえなかった」という自分の傷を“子供に感じてしまう” ために、叱る度に罪悪感に苛まれる。

もうひとつは、自分のコンプレックスを子供で解消しようとする親のパターンです。子供の頃に「あなたはできる子なんだから」と親に期待されたにもかかわらず、その期待を裏切ってしまうことで傷つき、“理想の自分” と “現実の自分” とのギャップがコンプレックスとなり欠乏感が生じます。

その結果、自分が親になってから「子供のために」と言いながら、じつは自分の中にある欠乏感を子供に期待することで埋めようとしているということがわかりました。しかし、親は自分の傷を子供を通して見ているとは思いもしません。まったく自覚が無いまま “子供を育てよう” としても思い通りにはいきません。

そこで、最終回の今回は 「無自覚の親が子供を通して何に気づくべきなのか?」についてお話ししたいと思います。


子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム


だれもが本当の子育てを知らなかった

前回お伝えした例題からも分かるように、自分がなぜこんな気持ちになるのか、なぜこんな感情が湧いてくるのかを子供を通して感じていくことで、自分では知ることのなかった “思考の傷” が明るみに出てきます。

それを「この傷があったから子供にこう感じていたのか」「子供のためにと思ってきたけれど、自分の欠乏感が押し出した考え方だったのか」と理解していくことで、自ずと子供への接し方も変わり、子供も変わっていきます。どんなに深い傷でも、それは “関係性のシステム” を誰も知らなかったことで作られた “思考の傷” であり、あなたの存在自体は何も傷ついていません。

もし、「自分なんて生まれてこなければよかった」「あなたみたいな子は生まれてこなければよかった」と思ったことがあったとしても、それは親も子も“関係性のシステム” を知らないがゆえの無知で未熟な考えにすぎないのです。

我が子は、あの頃の“自分”そのもの

この記事の続きが見たい場合は、WEB会員の認証が必要です。
ログイン認証・新規登録はこちら
Vol.11へ Vol.13へ
同じジャンルの記事
連載記事 Vol.10子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム【第1回】

Vol.10 『子育ては “自分の根源” に戻る愛のプログラム』【第1回】

連載記事 Vol.44 『親は自分のコンプレックスを子供で埋めようとしている』【前半】

Vol.44 『親は自分のコンプレックスを子供で埋めようとしている』【前半】

この記事をお読みの方におすすめのDVD・書籍
DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS

DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS ミロスプログラムの発見者、ロスコが解説。新次元思考テクノロジーの世界、高次元対称性(超バランス)、 MIROSS SYSTEM vs 反転のトリック等、ミロスの実践方法が語られています。
販売価格 12,000(税込)
商品の詳細へ

「ママとパパをえらんできたよ」

書籍 「ママとパパをえらんできたよ」
ー親と子の関係性に隠されたトリックー
私たちが、あの“父”あの“母”を選んで生まれて来た理由とは……?今までの常識を根底から変えてしまう “感動の絵本”!
販売価格 1,728(税込)
商品の詳細へ

本ページの記事は、メルマガ連載のバックナンバーです。
メルマガに登録して、最新の記事をお楽しみください。 メルマガ購読・Web会員登録へ

ロスコズアイ
ページのトップへ