Menu
  1. サイトトップ
  2. 読む
  3. ROSSCO's Eye 〜人生を俯瞰できる視点〜

  4. Vol.13

文字サイズ

Vol.12へ Vol.14へ
『コミュニケーションの根源的な目的は』

組織内の信頼関係が業績面にも影響する

ROSSCO’s Eye 〜人生を俯瞰する視点〜
Vol.13『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』【前半】


Introduction

私たちは「言葉」を使うことによりお互いに分かり合うことができ、コミュニケーションを積み重ねることで人間関係をつくっています。自分の思想や感情、行動が相手と似ていれば共感し、親密な関係になることも可能です。

そして、人と人との個人間のコミュニケーションが土台となり、そこにテレビやインターネット、新聞や書籍など、様々なマス・コミュニケーションが折り重なって社会は成り立っています。

このようにコミュニケーションとは関係性をつくる媒介、社会を構成する素材であるため、うまくいかなければ様々な関係性に対立を生み出します。近年、日本の若年層を中心にコミュニケーション能力の低下が叫ばれていますが、今回は本当のコミュニケーション能力について今までにない角度からお話ししていきます。


『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』


人間は“聴く能力”を持っていない

自分の話した事が相手に全く違う意味合いで伝わっていた、伝えたはずなのに聴いてないと言われた、大事な話を聴き逃していた、勘違いから喧嘩になった…。

コミュニケーション上のトラブルは家庭でも社会でも日常的に起きています。また、通じ合っていると思っていても、お互いが相手の話を自分の価値観で聴いているため、自分が伝えたことの真意がそのまま相手に伝わっているとは限りません。なぜそうなってしまうのかというと、実は、人間は本当の意味で “聴く能力” を持っていないからです。

たとえば、会社組織がそうです。社長の “想い” が末端の社員に届いたときにはニュアンスが変わってしまい、その “想い” は何も伝わらなかったということがあります。これは伝達する人間が自分の “価値観” で社長の話を解釈したことが原因です。 また、会議中に意見が合わず、どんどん話が本題から逸れていくという経験はないでしょうか。

いつしか感情のぶつかり合いに

この記事の続きが見たい場合は、WEB会員の認証が必要です。
ログイン認証・新規登録はこちら
Vol.12へ Vol.14へ
同じジャンルの記事
連載記事 Vol.14 コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”

Vol.14 『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』【後半】

連載記事 Vol.07 アイデンティティの見直しに悩む大人たちへ

Vol.07 『アイデンティティの見直しに悩む大人たちへ』【第1回】

連載記事 Vol.15 悩みの本当の原因は”自分の思考回路”

Vol.15 『悩みの本当の原因は”自分の思考回路”』【前半】

この記事をお読みの方におすすめのDVD・書籍
DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS

DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS ミロスプログラムの発見者、ロスコが解説。新次元思考テクノロジーの世界、高次元対称性(超バランス)、 MIROSS SYSTEM vs 反転のトリック等、ミロスの実践方法が語られています。
販売価格 12,000(税込)
商品の詳細へ

書籍 すべてを幸せにする鏡の奇跡

書籍 すべてを幸せにする鏡の奇跡
この世はミラーワールド
主人公は中学校教師の“加々見先生” 目の前に映る生徒たちを受け取ると……?
販売価格 1,296(税込)
商品の詳細へ

本ページの記事は、メルマガ連載のバックナンバーです。
メルマガに登録して、最新の記事をお楽しみください。 メルマガ購読・Web会員登録へ

ロスコズアイ
ページのトップへ