Menu
  1. サイトトップ
  2. 読む
  3. ROSSCO's Eye 〜人生を俯瞰できる視点〜

  4. Vol.14

文字サイズ

Vol.13へ Vol.15へ
『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』

悩みを抱えている人ほど人の話を聴かない

ROSSCO’s Eye 〜人生を俯瞰する視点〜
Vol.14『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』【後半】


Introduction

前回のシリーズ1では、実は人間は良好なコミュニケーション作りに最も重要な“聴く能力” を持っていないことをお話ししました。

もともと相手の意見に対して “自分のものではない異物” として抵抗感を持つことや、常に自分の価値観でジャッジして自分の都合のいいように変換すること。また、相手に対して持っているイメージが邪魔をして、今話している相手の真意が受け取れないこと。その他にも、話を素直に聴くことができない主な要因をいくつか挙げました。

普段の生活でも緊張感のあるシーンでも、いかに自分が相手の話を聴けていないかに気づかれた方は少なくないのではないでしょうか。

シリーズ第2回では、もう少し具体的なケースを見ながら “コミュニケーションとは何か” についてお話ししていきます。


『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』


例:悩む人の口癖 自分に何を与えているか

以前、知人の男性から商売の相談を持ちかけられたときのこと。私が答えを話しているのにその人は「でも……」「そんなことを言っても……」となかなか受け入れようとしませんでした。助けを求めてやって来たのに素直に受け取らない。溺れかけているのに救助隊の手を払いのけているような状態に、本人は気づかないのです。

悩みを抱えている人ほど人の話を聴かない傾向が強く、強いこだわりを持っています。その思考が自分を縛りつけエネルギーを滞らせているのですが、そのことに気づかず、ずっと同じ不満や不足感を話します。その知人の口癖は「うまくいかないなあ、商売はキツイなあ」

そうやって自分に対していつも語りかけているから、暗示にかけられたように彼にはそういう世界しか見えません。ショックな話ですが、実は、不満ばかり言っている人は “うまくいかない人生” が好きで、そこから抜け出そうとしないのです。もし、彼が客観的に自分の姿を見て自分の声を聴くことができたら、自分の “おかしさ” に気づき、今までの生き方をやめるでしょう。

例:傷に触れあうコミュニケーション

この記事の続きが見たい場合は、WEB会員の認証が必要です。
ログイン認証・新規登録はこちら
Vol.13へ Vol.15へ
同じジャンルの記事
連載記事 Vol.13 コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”

Vol.13 『コミュニケーションの根源的な目的は “自分を知ること”』【前半】

連載記事 Vol.07 アイデンティティの見直しに悩む大人たちへ

Vol.07 『アイデンティティの見直しに悩む大人たちへ』【第1回】

連載記事 Vol.15 悩みの本当の原因は”自分の思考回路”

Vol.15 『悩みの本当の原因は”自分の思考回路”』【前半】

この記事をお読みの方におすすめのDVD・書籍
DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS

DVD 新次元思考テクノロジー MIROSS ミロスプログラムの発見者、ロスコが解説。新次元思考テクノロジーの世界、高次元対称性(超バランス)、 MIROSS SYSTEM vs 反転のトリック等、ミロスの実践方法が語られています。
販売価格 12,000(税込)
商品の詳細へ

書籍 すべてを幸せにする鏡の奇跡

書籍 すべてを幸せにする鏡の奇跡
この世はミラーワールド
主人公は中学校教師の“加々見先生” 目の前に映る生徒たちを受け取ると……?
販売価格 1,296(税込)
商品の詳細へ

本ページの記事は、メルマガ連載のバックナンバーです。
メルマガに登録して、最新の記事をお楽しみください。 メルマガ購読・Web会員登録へ

ロスコズアイ
ページのトップへ